サンエイメディア

ガーデニングを楽しみたい飼い主さん必見!犬が食べても安全な植物

カモミールと犬
お庭にいる時や散歩中、愛犬が草を食べているところをよく見かけませんか?
あれは元々、犬が野生として生息していた頃、怪我の治療や胃腸を整えるため食べていたなごりだと言われています。他にも、ストレス発散や食感を楽しむための遊びと理由はさまざまです。
ただ、犬が食べてはいけない植物はこの世にたくさんあります。ユリやチューリップなど球根がある植物、イチョウやアジサイなど散歩道にある植物などなど。愛犬の近くに植物がある時は十分注意が必要です。
でもせっかくのお庭だしガーデニングも楽しみたい!そんな方のために、万が一犬が食べてしまっても安全な植物を今回はご紹介します。

カモミール

カモミール
ハーブティーで使われることも多く馴染みあるハーブの一種で、犬にはダニやノミ対策に効果があります。踏むと香りが広がるため、日当たりのよい愛犬の通り道に植えると良いですよ。

ペニーロイヤルミント

ペニーロイヤルミント
このペニーロイヤルミントもダニやノミ対策に効果があり、さらにはアリやカブトムシを避ける作用もあります。 他のミントとは異なり、地を這うように伸びるのが特徴です。

ローズマリー

ローズマリー
少し触れると香りが広がるローズマリー。料理や薬草などに利用される代表的なハーブです。
1年を通して艶のある緑色の葉と爽快な香りを楽しむことができ、犬のにおいの消臭にも役立ちます。植えるなら春先がおすすめです。

タイム

タイム
タイムにもローズマリーと同じく消臭効果があります。繁殖力が強いため、愛犬の通り道に植えても大丈夫です。 とても育てやすい人気のハーブです。
今回はガーデニングも楽しめつつ犬にも安全な植物をピックアップしてみました。
ただ安全な植物でも、除草剤や殺虫剤を散布した場合は危険なため愛犬を近づけないよう注意してくださいね。 愛犬も飼い主も安全に楽しめるお庭にしましょう。

まとめ

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest