fbpx

農地架台を設置するにはどれくらいの時間がかかるの?

農地に架台を立てるだけその上にパネルを設置するだけではありますが、施工するにあたっては様々な手続きや手順が必要となります。今回は農地架台を施工するにあたってどれぐらい期間がかかるのかをご紹介します。

営農型太陽光発電施設設置の流れ

1.現地調査と概算見積もり
お問い合わせいただいてから実際の設置場所を訪問し測量や発電事業を行うために必要な確認を行います。その後、営農計画を考慮したうえで平面図を作成しご提案、また概算でのお見積りをさせていただきます。
目安:1ヶ月
営農型太陽光発電を設置する予定の畑
2.申請資料の作成
発電事業を開始するには様々な申請や手続きが必要となります。また一時転用や構造物の建築にも届出・申請が必要になりますのでサンエイにて申請に必要な書類を作成します。
目安:1ヶ月
資料をPCで作成する
3.各種関係機関への申請
申請書類を一式作成後、電力会社や経済産業省、各自治体など必要関係機関へ申請を行います。
目安:12ヶ月
経済産業省
4.契約
各種申請への許可が下りた後ご契約とさせていただきます。工期、支払方法や保証・保険の確認をさせていただきます。
契約を交わす
5.施工
基礎、架台、配線、パネル設置工事等を行います。サンエイはご提案から施工、その後のメンテナンスまでグループ内にて行っておりますので、ご質問がある場合はいつでも担当営業にご相談いただけます。
※工事の途中で予定の変更が必要になる場合もございます。その際はご連絡させていただきます。
目安:2ヶ月(規模や場所による)
6.連系
電力会社の送配電網に接続(連系)します。
売電用に連系された電柱
7. 農業活動
パネルの設置された環境下での農業活動を始めていただけます。
営農型太陽光発電と作物2

営農型太陽光発電設置は1年強かかる

申請や施工に時間を要するため計画開始から1年以上の長い期間となりますので、この期間に新しい環境下での生産体制を整えておく必要があります。