全量自家消費

自家消費と国内排出量取引

全量自家消費

自家消費と国内排出量取引

二酸化炭素削減のために、カーボンプライシングやJークレジットといった二酸化炭素に価格付け(削減量の売買を可能に)する取り組みが増えてきており、脱炭素への取り組みをビジネスにする動きが期待できます。

国内排出量取引

Cap And Trad

国内排出量取引とは?

国内排出量取引とは「キャップアンドトレード」とも呼ばれる温室効果ガス(CO2)の排出量取引の一つです。公平で透明なルールのもと、企業の排出量に限度(キャップ)を設定し、その排出量(余剰分や不足分)を取引(トレード)することが可能です。
炭素に価格付けを行い取引(トレード)を可能にすることによって、削減に努力している企業にメリットが生まれる制度になっています。

自家消費型発電

自家消費型発電システムとは

自家消費型発電システムとはその名の通り、発電した電気をその場で消費することです。近年では事業所や工場の屋根に太陽光発電所を設置し事業所内で電気を消費される事業者様が増えています。
自家消費型が増えてきている理由は2つ、電気の売電価格の低下、再エネ賦課金(電気料金)の値上がりです。

自家消費のメリット

自家消費には3つのメリットがあります。
1つ目は電気代の削減ができることです。自家消費では自分たちで生み出した電気を自分たちで消費するため、電力会社から購入する電気量を減らすことができます。年間の最大電力需要量(デマンド)を抑えることができれば基本使用料も抑えることができるため、電気料金の大幅カットもできる可能性があります(※)。
2つ目は有事の際に電源が確保できることです。太陽光発電は太陽光が当たれば発電を行うため、有事の際に電力会社からの電気供給が途絶えても事業所内で電源を確保できます。
3つ目は投資回収の早期化ができることです。売電による収入は減少してきているため売電によって追加収入を得るよりも、電気代の削減をした方が長期的にみると得になる可能性が高いです。太陽光発電は温室効果ガスを排出しない発電として国が導入を推奨している発電施設なため、時期によっては国・県・市などから補助金が出たり税制優遇を受けられる場合もあるため、その場合はさらに投資回収が早期化できます。
※一概に全ての事業者様がデマンドカットできる訳ではありません

自家消費のデメリット

自家消費型のデメリットは2つあります。初期投資にコストがかかることと設置するスペースが必要になることです。太陽光発電パネル等も年々効率が上がり発電量(利益)も増えてはいますが、規模が大きいほど導入コストが高くなることに変わりはありません。また発電設備を設置するスペースが必要になるため、スペースを確保できない場合は導入が困難になります。

再生可能エネルギー

太陽光発電

二酸化炭素をはじめとした温室効果ガスを排出せずに発電することができる再生可能エネルギーの1つで、太陽光を使用して発電する発電方法です。他の再生可能エネルギーと比べて太陽光が当たり重量に耐えられるような場所であれば設置できるため、一般的に広く普及しています。

営農型太陽光発電

農作物の生育に必要な日射量を確保しつつ、農地の上部空間で太陽光発電を行う発電方法です。営農することが大前提であり、事前に営農計画をしっかり立てる必要が有ります。また作物の生育や品質に著しく影響が出ていると判断された場合、発電施設の撤去および農地の復元が必要になります。

その他の発電

太陽光発電以外にも風力発電・水力発電などの再生可能エネルギーなど事業として設置できる発電方法はいくつかあります。サンエイでは風力・水力などの発電施設を推進しています。

メンテナンス

自家消費型か全量売電型かを問わず、長期安定的に運営するために定期的なメンテナンスを行う必要があります。サンエイでは太陽光発電所のメンテナンスサービスや、パネル洗浄による効率改善サービスをご提供しております。

太陽光発電所メンテナンスサービス

太陽光発電所の運営管理と保守点検(O&M)を行うサービスです。太陽光発電施設にて起こるうる損失を最小化することが主な目的となります。監視装置を使用して発電状況を確認し、トラブルの早期発見や発生時の迅速な復旧対応ができるようにします。
また保守点検(メンテナンス)として定期的な発電設備の点検を行います。高圧の発電所(大規模な発電所)の場合は保守点検が義務化されています。

太陽光パネル洗浄サービス

太陽光パネルは勾配がついているため汚れは雨などによって洗い流されることがほとんどですが、泥汚れが乾いてなかなか取れなくなるように徐々に汚れは蓄積していきます。こういったパネルの汚れは発電効率を低下させ、最悪の場合はパネルの破損も引き起こします。そういった事態を防ぐために、メンテナンスの一環として定期的なパネル洗浄が有効です。

お問い合わせ

自家消費型発電所の建設・維持管理メンテナンスについて気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

    お名前 

    メールアドレス 

    電話番号

    お問い合わせ内容 

    個人情報および特定個人情報保護方針 
    同意します。