Operation
&
Management

O&Mとは

Oparation & Maintenance の略

太陽光発電所のO&Mとは「太陽光発電所の運営管理と保守点検」です。安心安全を前提として太陽光発電所を長期的に安定して稼働させることができるように運営管理を行い、保守点検をすることをいいます。
メンテナンスフリーと言われていた時代もありましたが、2017年4月からはじまった改正FIT法によってメンテナンスが義務化されるほど重要であると認識されてきています。

オペレーション

遠隔監視で運転状況を管理

オペレーション(運営管理)は太陽光発電施設での発電量を最大化すること、発電過程での損失を最小化することが主な目的となります。監視装置を使用して発電状況を確認し、トラブルの早期発見やトラブル発生時の迅速な復旧対応ができるようにします。
管理の説明をする作業服の人
管理画面イメージ

監視システム

発電状況を見ることができる監視システムを使用し運転状況を監視。お客様の発電所に使用されている機器にあった監視システムを導入します。パワコンが出す信号を直接読み取るサンエイ工務店オリジナルの管理システム(SMS)をはじめ、他社製品も対応可能です。
駆け付け

駆け付け対応

発電異常を検知した場合、現場にて確認を行い復旧作業を行います。駆け付け対応はブレーカーの上げ下げ、パワコンの電源確認、その他現場確認等の簡単な作業のみです。メーカー対応、保険対応、それ以外の有償業務はお打ち合わせにて協議後に手配・対応します。

メンテナンス

定期的な保守点検

メンテナンス(保守点検)は太陽光発電施設の安全性を保つために、定期な発電設備の点検や施設用地全体を管理することが主な目的となります。設備機器が正常に動いているかの点検、そして発電が安全に行える環境を維持します。
ひび割れたパネル
発電チェック

定期点検

年1回の定期点検を行います。パワコン点検、フィルター清掃、ストリングごとのIV測定、パネルや敷地の状態など安全に発電できるかを目視点検します。点検後、定期点検報告書をメールにて送付します。
パネルを磨くためのブラシ

パネル洗浄

パネル(モジュール)の汚れは発電効率を低下させることがわかっています。また部分的にひどい汚れがある場合、ホットスポット発生の原因となる場合があるため、定期的に洗浄することが望ましいです。必要と判断した場合に都度有償対応となります。
除草剤をまく作業員

除草

雑草は放っておくとパネルよりも高く成長したり、ツル性の植物の場合は架台を登ってパネルを覆ってしまうこともあります。パネルが覆われてしまうと発電ができないため注意が必要です。必要と判断した場合に都度有償対応となります。

サンエイのO&M

豊富な施工実績と運営経験

2010年から太陽光発電所の建設に携わり、現在では高圧低圧、増設、家庭用等を含めて500件近くの案件を施工してきました。2017年からは自社でメガソーラー発電所の運営も行っており、発電所の管理にも携わってきました。自社発電所の運営から得た経験をもとに、O&Mサービスをご提供いたします。
メガソーラー発電所

負担軽減

トラブルを早期発見するには継続的な監視と記録が必要になります。ただし規模が大きくなるほど全体を通しての管理が困難になり、土地の手入れやパネル点検など費用がかさんでいきます。監視や点検を代行・一部代行することで事業者様の負担を軽減します。

早期発見

事業者様と協力して監視作業および点検を行うことにより、トラブルの早期発見たお迅速な対応が可能になります。トラブル復旧への取り掛かりが早いほど機能停止からの素早い復旧につながり、結果として逸失利益の減少につながります。

安心・安全

太陽光発電事業はイニシャルコストが高いため、固定価格買い取り制度で定められた20年間、ひいてはそれ以上長期的に事業を行うことが望ましいです。安心して事業を行うためにも、継続的な管理や定期的なメンテナンスを行うことは重要です。

年額制

詳細をお伺い後のお見積もりとさせていただきます

連絡事項