ひとりの昆虫好きが

『コオロギの可能性を調べ尽くす』

そんなラボ

ひとりの昆虫好きが

『コオロギの可能性を調べ尽くす』

そんなラボ

koharu lab.は

自分の興味に素直に、

自由な発想を大切に、

好きなことに思う存分向き合うラボです。


選択基準はわくわくするか否か。

興味のないこと、面白いと感じられないことに構っている暇はありません。

だって知りたいこと、やってみたいことが目の前に山積みだから。

さあ、

好奇心に満ちたkoharu lab.をもっとのぞいてみませんか?

広がる自由な世界に

あなたはきっと驚くはずです。

最新投稿

プロジェクトリーダー

koharu

本プロジェクトの言い出しっぺで、虫を愛する人。虫への興味から大学は生物系の学部に進学。なぜか果樹の研究室に心惹かれ、2年間ミカンの研究に勤しむ。その結果、おいしいミカンを見分ける技を習得するのと引き換えに、ミカンを食べ物と思えなくなる。

建設の仕事をする気満々で今の会社に入社。未だに建設の仕事はしたことがなく、農業関連の新規プロジェクトに多く携わる。
特に好きな虫は、オオカマキリとショウリョウバッタ。人より虫と遊んだ時間のほうが長い説を持つ。

koharu応援し隊(上司)

yamada

koharuの”知りたい”を全力でサポートする上司。入社してから10年間、ボスの”やりたい”をカタチにするリーサル・ウェポンとして、数々の新規事業立ち上げに携わる。現在も他プロジェクトのリーダーを務めながら、本プロジェクトに従事。 koharu lab.の面白さをみなさまに楽しくお届けする“表現”担当。と、 会社から軍資金を引っ張ってくる担当。 好きなものはお酒(特に焼酎)。 新しい知識との出会いの連続で刺激的な毎日を過ごしている。

ブレイン

miyake

入社時から本プロジェクトに携わる。今まで虫への特別な興味は無かったものの、飼育の影響からか最近は生態などに面白さを感じつつある。 大学時代は元々数字に興味を持っていたこともあり、会計学を専攻。数字とにらめっこしていたはずが、気付けばコオロギとにらめっこをすることに。 文章を読むことが好きで、とりわけ興味があるものだと没頭してしまう。 その一方、イラストやデザインには無頓着であるため、情報発信等のデザイン意識向上に奮闘中。

プロジェクトリーダー

koharu

本プロジェクトの言い出しっぺで、虫を愛する人。虫への興味から大学は生物系の学部に進学。なぜか果樹の研究室に心惹かれ、2年間ミカンの研究に勤しむ。その結果、おいしいミカンを見分ける技を習得するのと引き換えに、ミカンを食べ物と思えなくなる。 建設の仕事をする気満々で今の会社に入社。未だに建設の仕事はしたことがなく、農業関連の新規プロジェクトに多く携わる。 特に好きな虫は、オオカマキリとショウリョウバッタ。人より虫と遊んだ時間のほうが長い説を持つ。

koharu応援し隊(上司)

yamada

koharuの”知りたい”を全力でサポートする上司。入社してから10年間、ボスの”やりたい”をカタチにするリーサル・ウェポンとして、数々の新規事業立ち上げに携わる。現在も他プロジェクトのリーダーを務めながら、本プロジェクトに従事。 koharu lab.の面白さをみなさまに楽しくお届けする“表現”担当。と、 会社から軍資金を引っ張ってくる担当。 好きなものはお酒(特に焼酎)。 新しい知識との出会いの連続で刺激的な毎日を過ごしている。

ブレイン

miyake

入社時から本プロジェクトに携わる。今まで虫への特別な興味は無かったものの、飼育の影響からか最近は生態などに面白さを感じつつある。 大学時代は元々数字に興味を持っていたこともあり、会計学を専攻。数字とにらめっこしていたはずが、気付けばコオロギとにらめっこをすることに。 文章を読むことが好きで、とりわけ興味があるものだと没頭してしまう。 その一方、イラストやデザインには無頓着であるため、情報発信等のデザイン意識向上に奮闘中。

ヨーロッパイエコオロギ

ずっと見ていると顔がベイマックスに見えてくることで有名(koharu lab.内に限る)なコオロギ、通称”イエコ”です。フタホシコオロギと比べると個体サイズはひと回り小さく、軽やかで俊敏な動きをします。物音や振動などの少しの刺激で、一目散に物陰に隠れる警戒心の強い一面もあります。年中繁殖が可能ですが、成長スピードはフタホシには劣ります。その一方で、生命力が高く育てやすいコオロギといえます。初齢から温湿度変化に強く、自らの脱皮殻もきれいに完食してしまう逞しさがあります。ただ、共喰いもしやすいため、飼育密度や隠れ家の量に注意が必要です。

フタホシコオロギ

黒くどっしりとした見た目が魅力的な熱帯性のコオロギです。ヨーロッパイエコオロギと比べると個体サイズは大きく、成虫になると全長は約40㎜にも達します。あごの力が強く何にでも嚙みつくため、スキンシップの際には注意が必要です。また、香りは強く、鳴き声も大きい…と、かなり存在感があります。年中繁殖が可能で、環境さえ整っていれば成長スピードも速く、養殖向きといえます。ですが、か弱い一面もあります。特に初齢~3齢頃はちょっとしたことが致命傷となってしまうため、やさしく過保護に育ててあげるのがコツです。

koharu lab.はサンエイホールディングス株式会社の駐車場の一角にあります。一見何の変哲もない資材倉庫といった風貌ですが、近寄るとコオロギたちのきれいな声がきこえてきます。
どちらの棟も広さ3坪と広くはありませんが、たくさんのコオロギたちがひしめき合い、虫好きにとっては最高の癒し空間です。約3万匹のコオロギたちとともに、新たなコオロギの可能性を探す。それがkoharu lab.です。